2011年06月29日

「煩悩の固まり」が​走ってみたら、こうな​った

私たちは誰しも、少なくとも主観的には「苦しみたくなんかない」と思っていることでしょう。

ところがその割には、別に怒らなくても良いことで怒ってわざわざ苦しんだり、別に心配しなくて良いことを心配してわざわざ苦しんだり

、別に後悔しなくて良いことを後悔してわざわざ苦しんだりするのが、私たちヒトという生き物の姿です。

(苦しまない練習、小池龍之介)


ブッダにならう 苦しまない練習
(アマゾン)

【送料無料】ブッダにならう苦しまない練習(楽天)



仏陀のように人生を達観できればいいのだけれど、僕なんぞは「煩悩」の固まりなので、いろいろと心乱れることが多い。

それでも高校生未満の頃から見れば、ずいぶんと変わった。

一番、変わったのは「心配性」でなくなった点だ。

どうやって、そのように変わったのか、というと、多分、環境のおかげだ。

と言うのも、外資系製薬会社に勤めていると、「心配している暇」がないのだ。
(そうじゃない外資系もあるとは思うけれど。)

僕が勤めていた外資系製薬会社(ローヌ・プーラン ローラー」と「ヘキスト」と「アベンティス」では「走りながら考える」であったり、時には「走ったあとで考える」というような感じだった。

だから、「瞑想する」ことや「訓練する」ことも大事だけれど、環境を整えることも大事なんだと思う。

忙しければいいという訳ではないけれれど、昔から言うように「小人閑居(闍潤E間居)して不善を為す」という点も確かにある。

心配している暇(別に暇じゃないとは思うけれど)があったら、走ってみたらどうだろう?

時には、そんなことで解決する問題もある。



●●●『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)●●●
       ↓
『ハードボイルド・ワンダーランド日記』(半径5mから100億光年のできごと)


●●●『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)●●●
       ↓
『ホーライの独り言』(50代サラリーマンの独り言)


●●●『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)●●●
       ↓
『ホーライの3行日記』(僕の1日なんて3行で十分さ)


■■■ ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常 ■■■
   ↓
ホーライ製薬・・・架空の製薬会社の日常


■■■ 医薬品ができるまで(治験に関する話題) ■■■
   ↓
医薬品ができるまで(治験に関する話題)


■■■仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法 ■■■
          ↓
「仕事の基本、仕事の成功方法 自己啓発の方法 才能を伸ばす方法」の紹介サイト。


●メルマガの登録はこちら
   ↓
「モニターとCRCのためのGCPメルマガ」
   ↓
モニターとCRCのためのGCPメルマガ



ブログランキング

posted by ホーライ at 05:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。